SHHH

new arrival-stacks-

2022.08.01

 

週末バタバタだったのでアナウンスが遅れましたが、stacksからzineも入荷しています。

忘れてはいけないのがstacksはzineがメインのブランド。

 

コチラは令和に入ってからのコロナ禍、ロシアのウクライナへの軍事侵略までの写真を収録した一冊であり、日本におけるこの激動と混沌の3年間を写しているPhotographer、グレート・ザ・歌舞伎町によるPhoto zineとスナップ写真とペインティングを組み合わせて構成されたオランダと東京を拠点に活動するアーティスト、EFRAIN VIVAS HATTORIによるzine。

 

暑い夏、涼しい部屋で是非堪能してください。

IMGP4834

new arrival-stacks-

2022.07.30

 

 

Tシャツの動きがメインの今、

やはり店頭のストックが激減中で、まだ夏は続くのにこれからどうしようと考えていた時に真っ先に問合せをしたのがstacks。

 

そんな時

ミシュランで星も獲得している代々木上原の名店“sio yoyogiuehara”の周年のマーチャンダイズをstacksが製作するというポストを見ました。

だいぶ前から妻にオススメされていたsioでオーナーシェフの鳥羽さんの料理等のyoutube。拝見させていただき、そこで参考になった料理を作ってもらったりもしていたのもあってかこの偶然に勝手にテンション上がったのをstacksの山下さんにたまたま連絡したら取り扱いさせていただくことになりました。

いつか絶対食事に行きたいお店だったので嬉しいですし、これで絶対行かなきゃと勝手な使命感。笑

 

しかもグラフィックを手掛けているのが当店でも今までstacksのマーチャンダイズで取り扱いしていた“LURK”氏と“SORUTO”氏。

当店でもお好きな方が多いグラフィティーライターです。

IMG_2408 IMG_2414

 

IMG_2410 IMG_2409 IMG_2411 IMG_2413

 

 

そしてもう1型。

コチラはstacks issue4で参加していたイラストレーター“obak”氏のグラフィックのTシャツ。

シルクスクリーンの奥深さを実感できるこのTシャツ。

IMG_2407 IMG_2406

 

issue4は残り1冊なので併せてご購入可能です!笑

IMGP4828

stacks “PIC” Tee

2022.06.07

 

“stacksbookstore”

ストリートカルチャーにルーツを持つ、国内外の様々なジャンルのアーティストの作品をコンパイルしたzineであるstacks シリーズの出版を軸としながら、展示の企画やマーチャンダイズの製作、国内外のzineなどの販売を行う、本屋的なレーベル。

 

個人的にバックボーンのある服が好きなので、コチラは最高でした。

 

stacks “PIC” Tee

SOLD OUTになりました。ありがとうございました。

91d51cc60cf24aa3804ea45d6542fdb6

 

 

 

(162cm)

00e38288fbf5ddac913376a8b05d245400dd0128991750c1ce18e16de9d8748d98c6b37c99e76b221a2c4df510c9c41c

・BOTTOMS Design over pants size:M ¥7000

 

 

stacks “PIC” Teeになります。

福岡を拠点に活動するGraffiti WriterであるLURKと、現在は名古屋を拠点に活動するGraffiti WriterであるZECSの二人による展示 “Partner In Crime”の開催に合わせて製作したマーチャンダイズ。

二人がドレインにペイントした写真をフロントに使用したPhoto Tee。
写真の上には二人のそれぞれのタグと、”Partner In Crime”というタイトルの文字がプリントされています。

衿の太めのリブと、若干短めに設定した着丈が特徴的なシルエット。

 

詳細はコチラ

 

new arrival-stacks-

2022.05.15

久し振りの入荷となったstacks。

当店でも人気のzineを中心としたブランドですが、今回も展示によるマーチャンダイズのTシャツも入荷。

IMGP3290

 

zineはイラストもありますが、写真多めのセレクト。

GWで疲れた体を休めながら、ゆったりとした気持ちの中でお楽しみください。

IMGP3295

stacks JOTA/AVR Hoodie

2022.02.25

 

“stacksbookstore”

ストリートカルチャーにルーツを持つ、国内外の様々なジャンルのアーティストの作品をコンパイルしたzineであるstacks シリーズの出版を軸としながら、展示の企画やマーチャンダイズの製作、国内外のzineなどの販売を行う、本屋的なレーベル。

 

春先に丁度良い塩梅なライトな生地感のコチラ。

 

JOTA “stacks” Hoodie

¥11000

95e30c467b69156c184f833978b78209

 

 

 

(162cm)

9236abdbb4ef512f8e4fd31ab15247f15db14be565c186f5355742398964c2536c68fd507a7296b957392b3c1161a12c

・BOTTOMS Chemicalwash denim wide pants size:M ¥7590

・OTHER wonderland Border beanie ¥6600

 

“Stacks issue 3”にも参加していた、神奈川を拠点に活動するグラフィティーライターであるJOTAによるデザインをフロントとバックに施したSWEAT HOODIE。

ボディーはGILDANの8.0 ozで、軽めで着心地抜群。

フロントにはタグを、バックにはJOTAのスタイルであるブルーとシルバー(クローム)によるピースをプリント。
Aevil Labelsによる監修のシルクスクリーンプリントで、クロームの表現が物凄いことになっています。ピッカピカ。

 

詳細はコチラ

 

 

 

 

 

AVR “stacks” Hoodie

¥11000

caceede04153dd1fcc72a95ed8ce7342

 

 

(165cm)

50423837e788b183bf722050bd94cb39 aa2590a430a9bf97ee0c22b0d0294ff6 ec292d543a71e259c244b82350e7ae00

・BOTTOMS LiSS seersucker stretch slacks size:3 ¥14080 

 

Stacks bookstoreにて22年1月に開催された、湘南を拠点に活動するGraffiti Crew、AVRによる同名の展示の際にstacksよりリリースしたHOODIE。

21年末に新メンバーも加入しているとのことですが、このマーチャンダイズにAVRとして参加しているのは、2山、BAMS、NIBS、OB、SINK の5名。

フロントには5人のメンバーがそれぞれのスタイルで描いた”stacks”というフレーズを、一文字ずつバラバラにしてコラージュすして”stacks”と象ったデザインを。
バックには、5人のライターがそれぞれ描いた、自身の名前と”stacks”というネームをランダムに配置してデザインしています。

ボディーはGILDANの8.0 ozで、軽めで着心地抜群。
プリントはPapa Studio、ボディーはWhiteとAshの2色展開。

 

詳細はコチラ