SHHH

new arrival-stacks-

2021.05.18

 

 

 

今現在、GALLERY COMMUNE にてNY 出身のフォトグラファー“Colin Sussingham ”の写真展が開催されています。

colin_flyer.indd

“Colin Sussingham ”

NY 出身のフォトグラファー、2019 年に NIKE SB のサポートのもと、2008 年から 2019 年にかけての NY のスケートボードシーンの姿を捉えた写真集『BOYS:A DECADE OF SKATEBOARDING IN NYC』をリリースした Colin が今回新たなテーマに選んだのは、 よりパーソナルなテーマである、彼自身が 2014 年から20 年にかけて行った、6 度のロードト リップのドキュメンタリーでした。

風景や物体、友人、考え、好奇心。ここに記録されているものたちは、Colin のとてもパーソナルな記録でありながら、 時の流れや場所の違いを越えた普遍性を持ち、 皆の記憶へと繋 がる写真ばかりです。

現在も尚続くパンデミックのなか、 皆がかつての日常とこの先の日常に思いを巡らすとき、こ の Colin の撮り溜めた写真の数々は様々な感情を想起させる切っ掛けとなるでしょう。

 

今回、Colin Sussingham の新作写真集『Disappear Into Earth』 が stacksより出版されました。

colinnnnnn_014

 

そして、写真集に収録された写真を使用したPhoto Teeもリリース。

 

 

colinnnnnn_018colinnnnnn_019

 

 

 

 

当店の常連さんにはカメラマンもいらっしゃいますし、何より写真が好きな方々が沢山います。

是非checkしてみて下さい。

 

PROLOGUE

人の写真を見て、勝手なことはいいたくはないし、そんな資格もないのだけれど写真を見るのは好きだ。一枚の写真からいろんなことを考えたり、夢想したり、思い出したりする。昔はカメラを手に入れて自分でも旅行中に撮ったこともあるのだけれど、現像して受け取るプリントのガッカリ度は半端ないものだった、常に。自分の思い出に残っているその時の印象と、自分が撮った写真がかけ離れすぎていて、俺はそっとカメラを置いた。どうやら自分には写真が向いていないようで、写真を撮るくらいならそのときの情景や感情をダラダラと文字にしたほうが、まだそのときの情景に近いんだと思う。

コリンの写真は違う。スケーターである彼が捉える彼の写真を見ていると、もう絶対に戻ってはこない昔のことを思い出す。それは自分がまだ若く、ふらりふらりとしながら色んなことを夢みたり、その夢から覚めてみたりを繰り返していた頃のことで、移動しながら一日中変わることのない景色を夢中で眺めたり、綺麗な景色に心が震える自分に驚いたり、どうでもいいものに心が揺れたりしたものだった。世界の真ん中にいると思った次の瞬間に宇宙一孤独だと思ったりしたあの頃だ。

きっとそんな時代こそが大人になるってことなんだろうけど。写真は時間を超越するといつも思う。撮られた時期がいつだろうと、どこであろうと、そこに何か自分のいつ抱いたのかさえ忘れていた感情と繋がる瞬間を生み出すのだから。そしてフォトグラファーという奴らは、その瞬間を実にうまく捉える。捉えて、その奥に広がる物語に見るものたちを引きずりこむ。 俺はまだ一度しか会ったことのないコリンの目がファインダー越しに捉えた瞬間の数々を、ページ越しに自分の昔を重ね合わせて見た。コリンの見たインディアナの夕陽はかつて自分がテキサスで見た夕陽となり、過ぎ去った日々の感傷となり、俺自身のものとなる。

そしてそれはこの自由な移動が禁止され、旅という行為が何よりも高価で手の届かないものになった今、俺ができうる最も旅に近い行為であり、旅そのものだった。

野村訓市

new arrival-stacks-

2021.05.09

コチラは3月に個展をしていた福岡のグラフィティーライター“LURK”とstacks bookstoreのitem。

長崎の波佐見焼きのメーカーであるMARUHIRO氏と製作したマグカップです。

 

以前取り扱っていたロンTは好評により既にsoldしていますが、コチラも数には限りがありますのでお早めにどうぞ。

CA93B4AB-3431-4C74-85E9-1EE336C7025F

 

stacks KABIS COMIC TEE

2021.05.04

 

お次もstacks。

 

stacks KABIS COMIC TEE

¥6600

bd8cc4436296c58973709e3698e7bd9f20B52EF6-86FB-40F4-8ACD-A5816BA70C10

 

 

(162cm)

5ca46583b3eb44852c1ef382d4060506 819ec4b325a00174c3fb13180cab1670 bbf3d92370b8a68a3affe0f6ca1af82f 6f529964f9bf58080aeb8efccd1622c1

・BOTTOMS LiSS Stretch linen easy pants size:1 ¥14850

 

stacks KABIS COMIC TEEになります。

stacks issue 1に参加していた神戸のグラフィティーライター、KABISによるデザインを用いたS/S TEEです。
フロントには”stacks”とタグを。バックには、施川ユウキによる読書マンガの傑作『バーナード嬢曰く』の1コマにオマージュを捧げたグラフィックをKABISが描き下ろしています。

 

 

詳細はコチラ

 

 

stacks ZECKS KILLACAM TEE

2021.05.04

 

こんにちは。

本日もいい天気。明日から崩れるみたいなので今日の晴れ間は貴重ですね。

 

open早々に来店して頂いた常連さんの真っ黒に日焼けした姿。

このGWは去年と違って、色々気にしながらも満喫している方が多いです。

 

当店も常連さんたちの予定にサラッと入れて頂き、忙しくさせてもらっています。

ありがとうございます!

遠くにお住まいの方々からも通販のサポートをたくさん頂いています。

ありがとうございます!

 

疲れに疲れ、帰宅後即寝る状態が続いているので明日5/5(水)はcloseを18:00とさせて頂きます。

宜しくお願い致します。

 

さて昨日に引き続き新作のstacksのteeをup。

 

stacks ZECKS KILLACAM TEE

¥6600

856538a6964383773816486617b227a0947e73f9d9cb083f0661d6e6eec4de8b

 

 

 

 

(162cm)

6476071f4bf412dd2dc5222686205911 5f430e2e885c1e9e5100aeca6786fbc7 1cd8c02ed945176e15bfce7a48837a25 e44136d91c987e92dbacdc4d9140bae8

・BOTTOMS Design easy slacks ¥5500

 

 

 

stacks ZECKS KILLACAM TEEになります。

この春発売予定のstacks issue 4に参加している、名古屋在住のグラフィティーライター ZECSによるデザインを使用したS/S TEEです
フロントには描き下ろしでスローアップと札束のグラフィックを、バックにはNY HARLEM出身のラッパー、DipsetのCam’ronを描いたZECSのアーカイブ作品を大きくプリントしています。

 

 

詳細はコチラ

 

 

stacks IGNORANCE1 STACKS TEE

2021.05.03

 

コチラは早くもサイズ欠けしています。

 

stacks IGNORANCE1 STACKS TEE

SOLD OUTになりました。ありがとうございました。

65e384a33403e3afbbe2b79799daddef

 

 

(165cm)

a43af3ff6b2ae5b36b9b65d81190c539 bffd8640cb71373bf805c2a95c736912 3522020e8cb6d40e75ed493d31f8d08b db24bf36fafda4a841cc276371b22825

・OTHER NOTHIN’ SPECIAL OUT OF NOTHING BELL HAT ¥7480

 

 

stacks IGNORANCE 1 STACKS TEEになります。

この春発売予定のstacks issue 4に参加している、イタリア人のグラフィックアーティスト Ignorance1によるデザインを使用したS/S TEEです。
本が積み重なった姿で”STACKS”の文字を表現しています。

 

 

詳細はコチラ